品質管理

  

 FMEAの故障モード解析の開始時に開発、生産、購買、品質と見直しを担当する他の関係者を通じて、顧客の需要の情報、およびプロジェクトの開発、そして製品やプロセスの信頼性の向上、設計の欠陥のリスクを軽減するための適切な制御プログラムを開発する。 

  

  
人間、機械、材料、方法を最小限に抑えるために、包括的な品質マネジメントシステムの松竹の実装、、5つの要因は、効率的で正確かつ安定した生産を、製品を達成するために、製品に影響を与える。実装工程能力Cpkの1.33でのSPCコントロールチャートの監視の変動を通じて、生産工程の品質。測定システムの安定性と正確性を確保するために操作のバイアス、直線性、およびRG&Rと他の方法で使用される計測システム。 

 

 

 

                                                   FMEAの故障モード解析

 

                                                             

                                                                            制御計画                  

                                                 

 

                                                                                               SPC コントロールチャート 

 

 

                                     

                                                                  CPK のモニタリング 
                                                                                                                      

 

 

                                          バイアス

 

 

                                           RG&R