松竹概要

 

       厦門市松竹精密科技有限会社は1995年に創立され、精密鋳型の設計、製造、精密プラスチック部品の研究開発、生産を主とするハイテク企業であり、1社の全額出資持株会社―ショウ州市科泰精密科技有限会社、及び竜池開発区と江門新会区の二つの生産基地を持っています。長年の経験の積み重ねによって、会社は強大な技術力、豊富な管理経験のある専門チームを持つことになります。

 

    環境と品質の管理システムが整っていて、会社はISO14001環境システム認証、ISO9001品質システム認証とTS16949品質管理システム認証を通過しました。そして2007年~2011年連続して五回厦門市成長型企業とAAレベル信用等級企業に選ばれて、2009年に厦門市に「ハイテク企業」と「厦門民営科技企業」に認定されました。2012年は、「アモイの信仰のデモ企業に選ばれました」。会社は強大な技術サポートとリードするサービスの理念に頼って、お客様の製品への高品質、高性能の需要を満足させます。

    現在、会社は主にコンデンサのプラスチックケースとエンドケース、コア、省エネルギーライト、LEDライトなどのコンデンサ部品の生産に取り組んで、50億匹のコンデンサのプラスチックカバーの年間生産能力(最小のサイズが2.5mm x6.5mm x7.2mmに達成する)を持つことになり、中国の薄膜のコンデンサプラスチックカバーの生産の先頭者になっています。そして同類の製品の中で、輸出業務が第一位をしっかりと占めています。

 

    長年の努力を経て、会社の業績は絶えず高速に成長して、EPCOSKEMETVishayエレクトロニクス、松下電子部品、Faratronicなどの国内外知名のコンデンサ生産企業の主要なサプライヤーになっています。